ソナタのメイン画像
  
不眠解消ソナタ   >   ソナタの依存性

ソナタの依存性

寝ている女性の画像

睡眠障害や不眠症の治療でよく用いられるのがソナタと呼ばれる睡眠導入剤です。有効成分ザレプロンが抑制性の神経伝達物質であるGABAを増加させることで、不安や緊張を緩和し眠りにつきやすい状態にしてくれます。不安や緊張というものは本人だけでは対処することが難しいこともあります。それにより眠れない状況が続いてしまうと、うつ症状を招く可能性も高くなってしまうでしょう。不安や緊張を感じている状態でも、スムーズに眠りを招くように助けてくれるのがソナタの役目なのです。ソナタを服用すれば驚くほど眠りにつきやすくなるケースが殆どです。睡眠薬に頼るのは気が引けるという方も、無理をして我慢をするよりは薬の力を借りて症状を和らげた方が良い場合があります。睡眠薬は常習していると依存してしまうことがありますが、ソナタの場合、依存性はかなり低いと言われています。しかしながら、本来は必要ないのにソナタがないと眠れないといった精神的な面での依存が起こる可能性はあるでしょう。精神的にソナタに頼り過ぎてしまっている場合は、減薬に努めるようにしましょう。ソナタは離脱症状もほとんどないことから、安心して飲めるでしょう。離脱症状とは服用していた薬を急に止めた時にカラダに異常が発生することを指します。しかし、ソナタを突然服用中止すると眠れなくなる可能性もありますので、少しずつ減薬して最終的に止めることをお勧めします。ソナタは病院以外でも海外医薬品を扱う通販サイトなら処方箋なしで購入できます。睡眠に問題を抱えている、特に入眠障害を疑っている方は、ソナタを服用することで眠りにつきやすくなるでしょう。朝まで効果が持続することはないので、翌日はスッキリ起きることができます。